France
Germany
Hong Kong
India
Ireland
Japan
Malaysia
Netherlands
New Zealand
Singapore
Sweden
United Kingdom
United States

IT分野でキャリアを積む方法

企業の業務内容について学ぶ

当社が実施した調査では、IT企業の多くは技術部門の社員にもっと自社の知識を高めてほしいと考えている結果が出ました。確かに技術力が高いIT社員は雇用主に重宝されますが、事業そのものをITがどのようにサポートしているのかを理解できるプロフェッショナルが最も評価されます。企業の業種について学び、その知識を問題解決に活かせれば、社内での信頼も評価も上がっていきます。

オフィスマナーを磨く

社内の政治的な駆け引きは苦手かもしれませんが、ある程度ルールに従った方が有利なこともあります。同僚とのコミュニケーション方法など職場独特の慣習はどんな企業にも存在します。そうした慣習を無視すると、どんなに仕事ができても昇進は難しくなります。

契約社員として働いてみる

契約社員としての経験は、ネットワークを広げ新しいスキルを学ぶ機会でもあり、キャリアアップに大きく貢献します。とくに様々な業種を経験し仕事の視野を広げたいのであれば、契約社員としてまず人材派遣会社と提携してみてはいかがですか。

専門資格を取得する

資格取得には高額な費用がかかる上に、取得にかかる時間を割くことも困難です。しかし、適切な資格を得ることでキャリアアップもできます。TEKsystemsの登録者は、3,000以上の無料オンライン講座を視聴することができ、多くは資格取得にも役立ちます。

自分自身に対する客観的な視点を養う

多くの人は、特異な言動や勤務スタイルが原因で、同僚や管理者から仕事に対する正当な評価を得られません。しかし自身の職場でのイメージを理解し改善することで自身の素晴らしい功績が脚光を浴びることとなるでしょう。TEKsystemsに登録しているITプロフェショナルには、コンサルタントがクライアントより勤務業績に関するフィードバックを共有します。

誰もやらなかった業務に果敢に挑む

課題やチャンスを見出しましたか?プロセスを改善することを楽しいと感じますか?チームや組織にとって有益となる変更は、計画を立てて積極的にマネージャーに提案していきましょう。そうすることで新しいプロジェクトの指揮を任されたり、社内的にも認められたり、自身のキャリアパスを決定することができます。